Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2010年4月

土曜日の午後から晴天に恵まれ、アースデイ東京は大盛況でした。

アワマネーの仲間たちと一緒に自給組合も出店する事が出来ました。

自給組合では手仕事のわで先月習った竹ぼうきの作り方を伝承しました。
参加者はみんな子供たちでささやかながら次の世代に手作りの楽しさを
伝えれたのかなぁと自負してます。

反省点としてはもう少し自給組合の活動内容がわかるように色々と準備を
しておくべきだったと思います。

アースデイでお声をかけていただいた方々ありがとうございました。

鴨川にお越しの際は是非ご連絡ください。
あわのわブースエリア

あわのわブースエリア

初日の自給組合竹ぼうきWS

初日の自給組合竹ぼうきWS
自給組合竹ぼうき作り

広告

Read Full Post »

3日目のWSは夏日の天気だったり雨が降ったりで、梁と桁用の丸太を
外に出したり納屋に入れたりでなかなか作業が思うように進みませんでした。

今回の作業は丸太への墨付けと刻みです。
丸太への墨付けは角材とは違って面が平面ではないため、
かなり難易度が高く、参加者の頭に?が連発してましたが、
終わりごろには何となく理解できた?ような気がします。

丸太墨付け、刻みの説明

佐藤さん曰く、丸太への墨付け、刻みは通常大工が3年ほどかけて
マスターする事らしいのですが、今回は1日で覚えなければいけないという
かなり高度なWSでした。

Read Full Post »

先の3月31日に地域通貨で生活をする輪のミーティングを行いました。

総勢15名で楽しく、そして熱く今後の地域通貨のあり方について
語りました。

そこで、『地域通貨で生活をする輪』を正式に発足いたします。

このプロジェクトは参加者みんなで試行錯誤しながら作り上げていくもの
ですので、このプロジェクトの活動内容や参加者同士の意見交換などは
地域自給組合のML内で行う予定です。なので、直接このプロジェクトに
参加しなくても組合員はその活動内容が観覧できるように予定してます。
もちろん、先のミーティングに不参加の方で参加希望者の方は
募集期間内に申込をすることで参加できるようにする予定です。

近日中に正式な参加者の公募を行います。

また、このプロジェクトは現在鴨川にあるアワマネーとは別の実験的
プロジェクトとして行います。既存のアワマネーは会員数が多いため、
システムを変更すると混乱がおこるため、それとは別に少人数で実験的に行います。

以下、事務局内でUPした先のミーティングの議事録を
記載しますのでご確認下さい。

—————————————————–
【地域通貨で生活をする輪】 議事録

※地域通貨で生活をする輪は地域自給組合あわのわの1プロジェクトで、事務局管理の
活動ではありません。

【日時】2010年3月31日
【場所】鴨川市内某所

【提案議題と提案の理由】
『地域自給の循環を促しみんなが幸せになる為の地域内通貨の仕組み作りの実験的実践の場』

『提案理由』
大量生産、大量消費、戦争、環境破壊、貧富差別、過労から生み出されるストレスや子育て問題、将来への不安など、
今の世界の標準通貨システムから生み出される社会問題を現行の通貨システム自体を改良することで解決することは
おそらく不可能と考え、地域循環型の新しいコミュニティー形成の為の新しい通貨のあり方を考え、意見交換し、
実践する習慣が必要なのではないでしょうか。この試みは短期間にシステムの形を作り上げることを目的とするのではなく、
常に社会を良くするための手段としての通貨のシステム作りをコミュニティー内で思考錯誤する事を習慣化することです。

また、それによって、それを行う大人たちの中で育った次の世代にも自発的に自分たちの社会を作っていくことの出来る人間を育てることでもあります。今までの現代社会の最大の問題は、社会形成は常に試行錯誤の中で変化し続けることが自然な姿であるにも関わらず、
社会の作り方や通貨システムの構築などを考え、実践する人間があまりにも少ないからではないでしょうか。
既存の枠の中ではなく、その外で作ることでさらに多くの可能性が見えてくるのではないでしょうか。

【具体的な地域通貨案】

・通帳型地域通貨
※通帳はアワマネーをひな形とし各自で自由に作成(プロジェクト内の少人数に負担が集中するの防ぐため)
※発行時に10万(未定単位)を各自に発行。マイナスはなく、借金の出来ない通貨。
10万の各自への発行はコミュニティー内に有限の通貨があり、全員が全体像を
簡単に把握できることで、誰にでも理解しやすいシンプルな通貨の仕組みを作るためです。

・具体的な内容が確定したら自給組合のMLで組合員に公表し、最初の時点で参加希望者を募る。
※実験の効果を測りやすくするため、今回の参加者は募集時のみでその後の途中参加はなしの少人数規模で行う。

・期間限定通貨-2011年の3月末までの期間限定の地域通貨案

・実験的地域通貨の利用の場として各自の家でフリーマーケットを開催するフリーマーケットウィークの開催(7/19(月)~7/26(月))(仮)
※上記フリーマーケットはアワマネーとの併用のフリーマーケット案、円を利用したい方は各自その場で交渉などの案があります。

『確認事項』

・実験的地域通貨の名称(未定)※候補をMLで共有

・通貨単位(未定)※候補をMLで共有

・上記実験的地域内通貨、参加予定者数
計14名

Read Full Post »